2007年11月17日

ufj 住宅ローン 金利

ソニー銀行、「明和地所提携住宅ローン」の取り扱い開始
日経プレスリリース
「明和地所提携住宅ローン」は、明和地所の分譲する新築マンションを購入されるお客さまに対して、ソニーバンクが提供する住宅ローンです。ソニーバンク所定の適用条件を満たされた場合には、ソニーバンクの住宅ローン基準金利から一定の金利を優遇いたします。 ...(続きを読む)

米週間住宅ローン申請指数は前週比+5.5%、約1年ぶり高水準=抵当銀行協会
ロイター
金利が低水準を維持していることを背景にほぼ1年ぶりの高水準となった。 最も一般的な30年住宅ローン金利(固定、手数料除く)は0.03%ポイント上昇し6.19%。 新規住宅購入のためのローン申請指数(季節調整済み)は4.8%上昇し432.6。前年同期は412.9だった。 ...(続きを読む)

米カントリーワイド、10月住宅ローンが前年比48%減
朝日新聞
10月の住宅ローン額は220億ドルと前年同期の419億ドルから減少。9月からは4%増加した。金利変動型ローンは31億ドルと前年比81%減。サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅ローン)は4200万ドルと前年の33億ドルから大幅に減少した。(続きを読む)

米カントリーワイド の10月住宅ローン融資、前年比48%減
ロイター
N: 株価, 企業情報, レポート)は13日、10月の住宅ローン融資額が前年比48%減少するとともに、高リスクの住宅ローン融資が大幅に減少したことを明らかにした。 10月の住宅ローン融資額は220億ドルと前年同期の419億ドルから減少。9月からは4%増加した。金利変動型ローン ...(続きを読む)

欧州市場サマリー(16日)
ロイター
米サブプライム(信用度の低い借り手 向け)住宅ローン市場の問題に端を発する信用懸念を背景に、銀行株が下げを主導した。 安の1494.12。9月中旬以来の低水準。 金融株が指数下落の約半分を占めた。サププライム問題で影響が出るとみられる銘柄の ロイヤル・バンク・ ...(続きを読む)

住宅ローン問題で混乱続く 日銀総裁
中日新聞
総裁は、13日の金融政策決定会合で政策金利を据え置いたのは、世界経済の不確実性が高まっているためだと説明。国内景気に関しては、7−9月期国内総生産(gdp)の内容などから「緩やかに拡大しているという日銀の判断を再確認できた」と強調した。(続きを読む)


住宅ローン金利
よくバブル以後の金利の推移を目にします。 ではバブル経済前の銀行金利はどのように推移していたのでしょうか? 実は1970年代や1980年代には今ほど住宅ローン金利にバリエーションはありませんでした。 長期固定金利のものは住宅金融公庫くらいしか ...(続きを読む)

住宅ローンシミュレーション(新婚)
共働きというメリットを活かし夫婦で住宅ローンをそれぞれ組むことをお薦めします。 妻の場合は10年程度の短期で住宅ローンを組み、夫の場合は低リスクである固定金利で借りるとリスク回避もでき、将来の変動時にも安心です/ ...(続きを読む)

住宅ローン金利で借金返済の額が決まる
住宅ローンの金利で借金返済する合計額がきまる。住宅ローンの金利からリスクと借金返済を少なくするには? http://www.himawari-club.com/debt-solution/debt_loanrate.html.(続きを読む)

<住宅ローン>11月から金利引き下げ 大手3行『みずほ 銀行』
みずほが年3.15%、三井住友が年3.25%、住友信託が年3.20%となる。 一方、三菱東京UFJ銀行やりそな銀行は金利を据え置いた。 【坂本昌信】 (引用 yahooニュース) ◆銀行関連の無料のレポート情報 ■ ブラックでも問答無用で ...(続きを読む)

FXに忍び寄る「倒産」の恐怖
少ない手元資金で多額の利益が狙えることから急拡大を続けてきたが、米国のサブプライム(高金利型)住宅ローンショックにより転機を迎えている。度重なる為替相場の乱高下で損失を被り、慎重な取引を行う個人投資家が急増。 一方で、FX業者の倒産で投資 ...(続きを読む)

住宅ローンシミュレーション(ファミリー)
今回のケースでは金利を低く抑えるために10年固定を選択した場合のシミュレーションです。10年後に住宅ローン金利があがっても、育児から手が離れればパートに妻が出ることも可能ですから、金利アップ分をその収入(パート)に充てることも可能になります ...(続きを読む)

セカンドハウス ローン
銀行に住所と姓が変わったため変更に行ったところ住宅ローンを組んでいる場合は本人がその家に住んでいなくては住宅ローンの金利が上がるといわれました。仕事の関係で2年程度家を離れるならこのままでもいいですと言うのです。その場合は金利はどの程度 ...(続きを読む)


住宅ローン減税と育休復帰時期との関係、金利上昇について
住宅ローン減税と育休復帰時期との関係、金利上昇について公務員で育児休暇中です。平成20年4月から職場復帰する予定です。職場復帰前に家を購入しますが、その時期について悩んでいます。平成19年中に取得するか、それとも20年に入ってからすぐ取得するか・・・住宅ローンは夫婦で連帯しますが、主人よりも私の方が年収が上なので、ローンの主な債務者は私になります。ただし、平成19年は育児休暇のため収入がゼロなので、19年に家を取得すると、住宅ローン減税が1年分受けられません。(主人の給料でローン返済はできます)ただ、金利上昇もあるので、平成20年まで待っているうちに住宅ローン金利が跳ね上がったら・・・と思い迷っています。どの金融機関も、9月までが今のキャンペーン金利の期限です。すでに土地は契約済み、建物をいつ着工して、完成させるか?という段階です。ちなみに住宅ローンは2500万円程度になりそうです。予測不可能だと思いますが、平成20年1月頃の住宅ローン金利って、今と比べてどうなっているのでしょうか?(続きを読む)


posted by 住宅ローンの金利シュミレーション at 22:07| 住宅ローンの最新記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。